死ぬまで一生ダイエット

炭水化物が大好きなでぶが、たまに奮闘するダイエット日記

ヘビロテ救世主のダイエット食材

早いものでパーソナルトレーニングも半分の8回目が終わった。

 

長いような短いような。

 

ダイエット開始からは3週間ちょっと。

1ヶ月経過してないけど、現在約5キロ体重は減った。

 

見てくれている、アドバイスをくれる人がいるからか、今までひとりでやって来たダイエットよりも全然辛くない不思議。

 

まだ完了してないのに、残り1ヶ月後には友人とご褒美ランチの予約までしてしまうでぶっぷり。

 

16回のトレーニングが終わっても翌月から月1でリバウンド防止のトレーニングがあるから、会うたびにリバウンドしていると怒られそうなので、制限しつつたまにはご褒美ご飯をしたい。

 

リバウドしてたら「この豚野郎」って罵ってくださいとお願いしておいた。

 

どこまでも食べることが大好きな私のご褒美ランチは、リッツ・カールトンホテルのアフタヌーンティー。

ダイエットが成功終了したらご馳走してくれると言ってくれる神みたいな方が現れて、思いっきり食べ物に釣られた。

 

やっぱり好きなもの食べたいものを食べたい時にたべれるって幸せだよな。

 

自分の欲求のままに生きていたら、健康にはよくないことはわかっているんだけれどさ。

だから尚更今回のダイエットでは、苦手な食材を我慢して食べてのダイエットするのではなく、割と美味しいじゃんとか、この先も好んで食べられそうなものに出会えたことも高かったけどやってよかったと思う。

 

そんな濃い味が好きで、キノコや海藻などは嫌いという、好き嫌いの激しい私がこの1ヶ月大変お世話になった食品類たち。

そしてこれからも大変お世話になるであろうものたち5つ。

 

f:id:mandala0521:20170610191319j:image

 

左上から。

 

・枝豆。

小腹が空いた時や出先で調理ができない時の手軽な1品に加えられて便利だった。

食べるプロテインとも言われているほどタンパク質も豊富だとか。

美味しいし、小粒なのにたくさん噛むからなかなかいい。

 

ザバスプロテインココア味。

何種類かプロテインを試したけど、これが1番美味しい。

このココア味を無脂肪乳で割って飲むと幸せになれた。

不思議なくらい飽きないんだなー。

深夜の口さみしい時、甘くて美味しくて本当に救われる。

 

・牡蠣だし醤油

塩分控えめのこの醤油はコクがあって、普通の醤油と違って味に変化があるからすっごく飽きないし美味しい。

卵かけご飯と炒め物にヘビロテ。

嫌いなキノコをバターとこの醤油で炒めたら、結構食べれて驚いた。

いつもの味付けに飽きたら、これで味付けしてみるのもオススメ。

 

・生食の大根。

ダイエットの味方。

体重の減りがイマイチな時、夜に大根を食べるとググッと翌朝減っている。

脂質代謝を促して、消化を助けてくれるらしいのが効いているのか。

夜のサラダに大根は欠かせなくなった。

生での食べ方も飽きるから、ドレッシングを変えるしかないけど痩せるのならそれくらいなんのそのだ!

 

・糖質ゼロ麺。

麺の種類は2種類。

おからとこんにゃく粉で出来た麺。

毎朝ご飯ばかりも飽きるし、たまには麺類も食べたいなという時に重宝。

コシはないけど、クセも臭いもないので味付けの邪魔をしないありがたさから、これからもストック麺として大活躍しそう。

これからもっとダイエット麺料理のレパートリーを増やしたいと思う。

 

糖質も脂質も低く、美味しく食べられる物がまだまだありそう。

もっともっと美味しいダイエット食品に出会いたいぜ。

 

残り1ヶ月、パーソナルトレーニングも頑張るぞ!